ここから本文です

FP1トップはスーパーソフトのハミルトン。ウルトラソフトのロズベルグを上回る

オートスポーツweb 6月11日(土)1時56分配信

 2016年F1第7戦カナダGPは、現地6月11日にフリー走行1回目が行われた。トップタイムをマークしたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。2位にはチームメイトのニコ・ロズベルグが続いた。 

50年後のルイス・ハミルトン!?

 全長4.361kmのジル・ビルヌーブ・サーキットは典型的なストップ&ゴー・サーキット。燃費に厳しく、トラクション性能が重要な鍵を握る。今回のタイヤ選択は、ソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトの3種類。モナコGPで優勝を逃したダニエル・リカルドを擁するレッドブル、そのモナコで今季初優勝を遂げ、昨年のカナダGPウイナーでもあるハミルトンの出足にも注目したいところだ。

 気温13度、路面温度27度、澄み渡るような青空のもと、ドライコンディション下で行われた最初のセッション。序盤タイムシートのトップに立っていたウイリアムズのフェリペ・マッサだったが、開始から25分が経過した頃に、1コーナーの入口で突如コントロールを失い、そのままコースアウトしてクラッシュ。赤旗中断となってしまう。DRSのトラブルに見舞われた模様で、そのままガレージで終えている。

 セッションは約10分が過ぎたあとに再開し、残り35分となったところでウルトラソフトタイヤを履くロズベルグが1分15秒746でトップタイムを記録する。しかしその直後にスーパーソフトタイヤを履くハミルトンが1分14秒980をマークしてロズベルグを上回ると、その後ハミルトンは1分14秒755と自身のタイムを更新。ロズベルグはタイヤを変えずに、1分15秒086までタイムを上げたが、14秒台には届かずに終了した。

 3位には、スーパーソフトタイヤで1分15秒243を記録したセバスチャン・ベッテル、4位には、ソフトタイヤで1分15秒543を記録したマックス・フェルスタッペンが入り、チームメイトのリカルドは11位に沈んでいる。

 また、カナダGPで優勝経験のあるマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソ(2006年)とジェンソン・バトン(2011年)は、それぞれ10位、12位という結果に終わった。バトンは「温度リミッターがスタックする」トラブルに見舞われ、ピットへと呼び戻されている。

 フリー走行2回目は、このあと日本時間の6月11日27時(現地時間14時)から行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)1時56分

オートスポーツweb