ここから本文です

フリー走行2回目:“大本命”メルセデスに、ベッテルが僅差で割って入った

オートスポーツweb 6月11日(土)5時42分配信

 2016年F1第7戦カナダGPは、6月10日にフリー走行2回目が行われた。1回目から気温は5度上昇して18度、路面温度は16度上昇して43度と、ともに大幅にコンディションが変わるなか、1回目に続きメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

ハミルトンはスポーツ選手の年収レース部門トップに

 ハミルトンは序盤から積極的に周回を重ね、開始30分まではソフトタイヤで走行。安定して1分15秒台を記録しながら、14秒台にも突入するなど順調にタイムを刻んでいき、ウルトラソフトタイヤに履き替えたあとで1分14秒212を記録。結局これが2回目のトップタイムとなった。後半はウルトラソフトタイヤでロングランを行い、1分17~18秒台と安定したタイムで計43周を走り切っている。

 2位につけたのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ハミルトン同様ソフトタイヤからウルトラソフトタイヤに変更後に、1分14秒469をマーク。3位は同じくウルトラソフトタイヤで1分14秒738を記録したニコ・ロズベルグ。上位3台のみが14秒台となり、4位、5位にはマックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルドのレッドブル勢が入った。またフェラーリのキミ・ライコネンは9位に終わっている。

 1回目のフリー走行でクラッシュを喫していたウイリアムズのフェリペ・マッサは復帰を果たして13位。また、温度リミッターのトラブルに見舞われていたマクラーレンのジェンソン・バトンは、ウルトラソフトタイヤで1分15秒213を記録して7位。アロンソはバトンから約0.24秒遅れの11位となっている。

 フリー走行3回目は、日本時間6月11日23時(現地時間10時)に開始される。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)5時42分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]