ここから本文です

マッサ「クラッシュは僕のミスじゃない」:ウイリアムズ カナダ金曜

オートスポーツweb 6月11日(土)7時9分配信

 2016年F1カナダGPの金曜プラクティスで、ウイリアムズのフェリペ・マッサは14位/13位、バルテリ・ボッタスは6位/6位だった。

2016年第7戦カナダGP クラッシュしたフェリペ・マッサのマシンが撤去

■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
フェリペ・マッサ フリー走行1=14位/2=13位
 アクシデントの原因は僕じゃない。リヤウイングとDRSに問題があった。ブレーキング前に自分でDRSを切ってみたが閉じなくて、ブレーキング時にDRSがほぼ100パーセント開いている状態だった。それでクラッシュしてしまった。

 残念だ。一日が始まったばかりの段階であんな形でクラッシュしてしまうというのは誰にとって辛いことだからね。

 午後は問題なかった。クラッシュの影響でマシンに予定していたすべてのものを取り入れて走ることはできなかった。だから明日を楽しみにしている。明日すべてを搭載すれば強さを発揮できるだろう。

 でも、すぐにそれなりにいいペースを発揮できたのはよかった。明日はさらによくなると期待している。

 走り出しから、モナコよりもずっと競争力があると感じた。この調子を土曜と日曜にも維持したい。

 
バルテリ・ボッタス フリー走行1=6位/2=6位
 FP1の時点でマシンバランスをとてもいいレベルまで持っていくことができたし、マシンにすごく満足できた。でも明日はまた状況が変わってくるだろう。

 かなり接戦だけど、モナコやバルセロナよりずっといい感触を持っている。

 今夜何か見つけることができれば、接戦になるだろう予選でそれがかなり役に立つだろう。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)7時11分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]