ここから本文です

ホンダ「新ターボは好調もオイル漏れが発生」/カナダGP金曜

オートスポーツweb 6月11日(土)8時6分配信

 2016年F1カナダGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは10位/11位、ジェンソン・バトンは12位/7位だった。

【関連写真】アロンソ、事故で亡くなったスペイン出身のMoto2ライダー、ルイス・サロムを偲び、彼のナンバーをヘルメットに飾る

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 今週末のカナダGPで2台のマシンに新しいターボを導入しました。FP1とFP2では新しいターボの機能性と効率を確認することに集中し、今のところポジティブな結果が見られています。

 パッケージ全体に関して言うと、ジェンソンのマシンのオイル漏れなど、FP1でいくつかトラブルが起こりました。ですがマシンは全体的にバランスがよく、走行初日はうまくいったと思います。
 
 ジェンソンのパワーユニットの状況については、オイル漏れの原因、そしてそれが他のコンポーネントに影響を与えたかどうかの調査を引き続き行っていきます。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)10時22分

オートスポーツweb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。