ここから本文です

インディカー第9戦テキサス予選:琢磨はホームトラックで好グリッドを獲得

オートスポーツweb 6月11日(土)9時34分配信

 テキサス・モータースピードウェイで開催されているインディカー・シリーズ第9戦。10日に行われた予選は、アンドレッティ・オートスポートのカルロス・ムニョスが自身初となるポールポジションを獲得した。佐藤琢磨(AJフォイト)は、4番手と好位置から決勝レースに挑む。

 ナイトレースで開催される第9戦テキサス戦の予選は、15時15分からスタートした。1台ずつアタックし2周の平均スピードで争うインディカーのオーバル予選。まずはエド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)からアタックが開始された。

 216mph台で争われるなか、5番目にアタックしたムニョスは、2周を48秒2460で走行し平均217.137mphと速さを見せる。

 9番目にアタックしたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)も、ムニョスのスピードに迫るも平均216.901mphと届かず2番手に。

 15番目にアタックとなった佐藤琢磨は、1周目を24.1518、2周目を24.1826と好タイムで走行し、平均216.740mphを記録。この時点で3番手につけるも、19番目に走行したエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)が琢磨と同じ216.740mphを記録。カストロネベスの方が合計タイムが10000分の1秒速かったため、カストロネベスが3番手、琢磨は4番手となった。

 2013年インディ500での2番グリッドが予選最上位だったムニョスは、インディカー初のポールポジションを獲得。

「正直に言うと、このスピードを期待していなかったよ。僕たちは、216mph台だと思っていたんだ。だから僕たちが出したスピードに満足だね。初めてのポールなんだ。本当にナイスだね。インディ500後の僕たちのチームは本当にいい感じだよ」と喜びを語った。

 チーム代表A.J.フォイトのホームであるテキサスで好グリッドを獲得した佐藤琢磨は、「特にここは僕たちのホームトラックなので、とても満足しています」とコメントしている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)10時8分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]