ここから本文です

リカルド「明日はフェラーリに勝てるかもしれない」:レッドブル カナダ金曜

オートスポーツweb 6月11日(土)12時29分配信

 2016年F1カナダGPの金曜プラクティスで、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは11位/5位だった。

2016年F1第7戦カナダGP マックス・フェルスタッペン

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド フリー走行1=11位/2=5位
 今日は彼ら(メルセデス)と僕らの差は大きかったね。でも明日はあらゆるエリアからもっとパフォーマンスを引き出すことができる。

 明日0.5秒差以内に入れれば、まずまずといえるし、決勝では何が起こるか分からない。

 僕自身はマシンに満足しているので、悪くない状況だと思う。今夜いいソリューションを見つけ出して、それによって明日はトップ4に近づくことができるはずだ。

 今日僕は完璧なラップを走っていないし、セットアップの面でもう少しパフォーマンスを向上させることができる。明日はギャップをかなり縮めることができるよ。

 僕自身からもセットアップからももっと力を引き出して、メルセデスとフェラーリに近づく。今夜いい仕事ができれば、フェラーリにかなり近づける。そしていいラップを走れれば、彼らに勝つことができるだろう。

 ただ(メルセデスの)ロングランはショートランよりさらに印象的だ。僕らはその部分を改善する必要がある。もっとロングランを改善できるはずだ。それも今夜研究する。

 日曜に天気が変わる可能性があるようだ。それがどう影響するかを見ていくよ。

(F1iに対して語り)今日は予選モードでは走らなかった。だから明日はもっとパフォーマンスは向上する。メルセデスとの差は1秒以上にはならないはずだ。大きく向上できることを期待している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)13時0分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]