ここから本文です

「赤旗に邪魔されたが大きなポテンシャル感じる」:Fインディア カナダ金曜

オートスポーツweb 6月11日(土)15時22分配信

 2016年F1カナダGPの金曜プラクティスで、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは7位/9位、セルジオ・ペレスは9位/12位だった。

【関連写真】F1最新フォトコーナー

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ フリー走行1=7位/2=9位
 今日は午後を中心に多くの周回を重ねることができた。つまり金曜の目的を果たせたということだ。

 マシンは最初からいい感触だった。期待できる兆候だよ。時間が経つにつれて路面が大きく変化していったことにも対応できた。

 2回のセッションは順調だった。理想的なバランスと予選に向けたスピードを見つけるために、細かい変更を何度も試した。全体的にいい一日となり、多くの情報を得ることができた。

セルジオ・ペレス フリー走行1=9位/2=12位
 午前中と午後で天候が変化したため、ふたつのセッションは全く異なるコンディションになった。

 路面は最初はラバーが乗っていなかったが、マシンとタイヤについて多くを学ぶことができた。

 赤旗により時間をロスした。最初のランのためコースインした直後に赤旗が出たんだ。

 予選でいい結果を得られるポテンシャルはあると思う。でも当然ながら明日適切なポジションを確保するためには、今夜努力する必要がある。ブレーキング時の正しいバランスと優れたトラクションを探し出すことがここでは重要なので、そこに集中していく。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)15時22分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]