ここから本文です

クレア・ウイリアムズ、大英帝国勲章『オフィサー』を授かる

オートスポーツweb 6月11日(土)18時3分配信

 2016年の英国女王誕生記念叙勲において、クレア・ウイリアムズに大英帝国勲章のうち第4位にあたる『オフィサー』(OBE)の称号が与えられた。彼女のF1での活動が認められたものだ。

 クレアは2002年にコミュニケーション担当としてチームに加わり、同部門の責任者を務めた後、コミュニケーションおよびマーケティング担当役員に就任した。父親であるサー・フランクが彼女に副チーム代表の役職を与えたのは、2013年3月のことだ。

 2013年はウイリアムズにとってコンストラクターズ選手権9位に沈んだ最悪のシーズンだったが、クレアはチームの再浮上において重要な役割を果たし、過去2シーズンはいずれも同選手権を3位で終えている。

「今日は私にとってたいへん誇らしい日であり、同時に少し驚かされた日でもあります」と、クレアは語った。「このような形で勲章をいただくことは、すばらしい栄誉ですが、これはウイリアムズ・チーム全員の功績が認められたものだと思います」

「心から愛する仕事に就けたという点で、私はとても幸運です。父親が興したチームで働けるというのは、誰でも恵まれるわけではない大きな特権であり、また当然のこととして引き受けた仕事でもありません」

「F1とウイリアムズは、大英帝国にとって偉大なサクセスストーリーです。私はこれからもこの立場を活用して、F1がいかにすばらしいスポーツであるか、この国の高いエンジニアリング能力のプラットフォームとしてF1がどれほど優れているか、そしてここでは女性の進出が歓迎されているということを、世界に示していく手助けができればと思っています」

 F1関係者では、これまでにジャッキー・スチュワート(その後、ナイト爵に叙された)、レッドブルのエイドリアン・ニューウェイ、クリスチャン・ホーナーらがOBEを叙勲している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月11日(土)18時3分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。