ここから本文です

ようこそ、ゾンビ動物園へ!『ZOOMBIE ズーンビ』公開決定

クランクイン! 6月11日(土)18時0分配信

 大ヒットTVシリーズ『Zネーション』のスタッフが放つ新世紀ゾンビ・アトラクション・サバイバル映画『ZOOMBIE ズーンビ』の日本公開が決定した。本作ではタイトルの如く動物園のあらゆる動物たちがゾンビ化。ただでさえ怖いライオンから、マーチを奏でる愛らしいコアラまで凶暴化。木に登って逃げてもキリンゾンビに食べられる。決してファミリーで観てはいけない新世紀ゾンビ・ムービーが、この夏ついに開園する。

【関連】『ZOOMBIE ズーンビ』恐怖の場面写真


 巨匠ジョージ・A・ロメロが昇華させた稀代の人気モンスター『ゾンビ』。今年も『バイオハザード』シリーズの最新作公開が控え、来年は『ワールド・ウォーZ』の続編が公開予定。人気TVシリーズ『ウォーキング・デッド』をきっかけに、日本でもゾンビファンが急増している。

 そのゾンビジャンルを新たなるインパクトで放つのは、『メガ・シャーク』シリーズ等で日本でもカルト的に支持されているアメリカの映画製作会社アサイラム。近年ではビーバーがゾンビ化する『ゾンビーバー』が記憶に新しいが、『ZOOMBIE ズーンビ』では子供たちの夢の楽園が地獄の捕食場と化す。

 舞台となるのは、待望の開園を控えたエデン野生動物園。絶滅危惧種の保護を目的とし、動物たちのありのままの姿を見ることができ、自然の驚異を体験できるテーマパークだ。一般公開を控え、園内では職員たちの研修が行われていた。そんな中、治療を受けていた猿が発作を起こし、心臓が止まってしまう。しかし、突如奇声をあげて蘇った猿は獣医に襲い掛かり、警備員をも喰い殺し外へ脱走。通報を受けた園長のエレンは、動物園を封鎖するが…。

 『ZOOMBIE ズーンビ』は7月16日よりカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016(新宿シネマカリテ)にて公開。

最終更新:6月11日(土)18時0分

クランクイン!