ここから本文です

加藤諒、26年間彼女ナシ「ガードが固いって言われます」“疑惑”についても告白

クランクイン! 6月11日(土)9時41分配信

 ドラマや舞台に引っ張りだこの俳優・加藤諒が10日、バラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演。恋愛経験がないという加藤は、番組内でゲイ疑惑をかけられる一幕もあった。

【関連】「加藤諒」フォトギャラリー


 26年間の人生の中で好きな女性に告白しながらも全敗、これまで恋愛をしたことがないという加藤。MCの松本人志よりゲイを疑われるも、好きな女性として女優の小林聡美の名を挙げ、一応男性には興味なくノーマルであるとは返答。だが「恋愛経験がないので、自分も正直どっちなのかわかりませんが」と正直に吐露。また、加藤が「結構ガードが固いって言われますね」と自身について語ると、「ゴメン、全然こじ開けたくないわ」と松本がバッサリ言われ、笑いを呼ぶ。

 加藤との初対面の印象を、番組MCの坂上忍は「どれだけ歪んでるんだこいつ、って思ったね。どれだけ闇を抱えているのかって。好き嫌い激しいでしょ?」とたずねる。坂上からの問いに加藤は「確かに激しいですね。嫌いな人とは絶対に付き合えないというか。でも思ってても表に出さないから『誰とでも付き合えるでしょ?』と言われるんですが…」と、坂上が思う闇の一端が垣間見えた。

最終更新:6月11日(土)9時41分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。