ここから本文です

平愛梨、“元カレ”ファンキー加藤の不始末を共に謝罪「元カレの加藤が…」

クランクイン! 6月11日(土)16時10分配信

 世間で注目を集める“アモーレ”こと平愛梨と“W不倫”に揺れるファンキー加藤が11日、共演した映画『サブイボマスク』の初日舞台挨拶にそろって登壇。加藤は目にうっすら涙を浮かべ、会場に集まった観客から温かい声援を受けた。

【関連】『サブイボマスク』初日舞台挨拶フォトギャラリー


 本作は、“心のトリハダ”を呼び覚ます謎の“熱血バカ”シンガー「サブイボマスク(春雄)」が寂れた地方都市で“町おこし”ならぬ“人おこし”を行なうハートフル自虐コメディー。都内で開催された今回の舞台挨拶には、平と加藤の他に小池徹平、温水洋一、斉木しげる、いとうあさこ、小林龍二(DISH//)、泉谷しげる、門馬直人監督、脚本の一雫ライオンが登場した。

 映画初主演の加藤は、お笑いコンビ「アンタッチャブル」柴田英嗣の元妻とのW不倫を報じられて以来、各所で連日謝罪している最中。この日も「お騒がせして申し訳ございません」と頭を下げた。報道陣の大量のフラッシュを浴びる加藤を見て泉谷は「コイツ(加藤)しか撮ってねーじゃねーかよ!オレたち話題ないよ!」とご立腹の様子。

 勝ち気な出戻りシングルマザーの元モデル・雪役の平は、サッカー日本代表・長友佑都との熱愛が発覚した身。挨拶する際、会場から「アモーレ!」との掛け声があがる。そんな中、平は「元カレの加藤が本当に申し訳ございませんでした」と元恋人役の加藤の背中に手を当て、一緒にお辞儀した。

 自身の役どころについて加藤は「もっともっと熱血漢になりたい。憧れの理想像が春雄。これから10年20年先、そんな風な男になりたい」とコメント。平は「加藤さんの説得力あるセリフだったりとか、泣くシーンではないのにすごく心を打たれた。思わずウルウルして、“本当に熱血ファンキーだな!”とずっと思っていた」と称えた。

 加藤は平について、撮影地だった大分県の名産である鱧(はも)のことを「ずっと鴨(かも)と間違えていた。皆で鱧を食べに行ったとき『これ鶏肉だよね』とずっと言ってた」と天然エピソードを披露。小池も「『二階堂』っていうお酒をずっと“コカイドウ”って言ってました」と平の天然っぷりを暴露した。

 最後のフォトセッションで加藤は「もっと笑えー!」と再び多くの声援を受け、「笑ってるけど、(顔が)ちょっと引きつっちゃうの!一生懸命笑う!」と声をあげていた。

 映画『サブイボマスク』は絶賛上映中。

最終更新:6月11日(土)16時10分

クランクイン!