ここから本文です

大偉業も目前!好調・イチローが見せる驚異的な集中力

ベースボールキング 6/11(土) 7:00配信

今年も欠かせない存在感を発揮するベテラン

 イチローの打棒が止まらない。

 5月23日に4割を超えた打率(.417)は、今月5日の時点では一旦.313にまで落ち込むも、その後の3試合で15打数7安打の固め打ち。現在は.333とハイアベレージをキープしている。

 開幕以降の出場機会を見ても、イチローへの信頼度は日に日に増していることがわかる。

 4月は23試合中17試合の出場。シーズン序盤には自身初となる“代打の代打”を送られるなど屈辱も味わった。それでも5月は29試合中の24試合に出場すると、今月はここまで8試合すべてに出場している。

 今年も控えというのが濃厚だったイチローの立ち位置であるが、やはり出てきた故障者に加え、不動の4番とみられたスタントンが打率1割台と極度の不振に陥っており、イチローの好調も相まって今後も先発機会は極端に減ることはないだろう。

イチローが打てば、勝利が近づく?

 今年、ここまでの高打率を残している要因として、三振が少ないことを挙げたい。

 三振率(K%=三振/打席)を見てみると、現在4.8%という数字を記録。これは昨季の11.6%や、自己ベストの2001年(7.2%)を大きく上回る数字だ。今季ナ・リーグで120回以上打席に立った打者は130人いるが、イチローに次ぐ2位がスパン(ジャイアンツ)の9.5%というから驚くべき記録であることが分かるだろう。

 もともと打者不利のカウントでも簡単には打ち取られない技術の持ち主であるが、42歳で迎えた今季の2ストライク時の打率はなんと.352(54打数19安打)。120回以上打席に立ったナ・リーグの打者130人で、この数字が3割を超えているのはイチローのみである。

 さらに、今年はいわゆる“貢献打”も多い。今季チームが勝利した試合でのイチローの打率は.386(57打数22安打)。敗戦試合での.281を大きく上回っている。

 昨季は勝利試合で.232、敗戦試合でも.225とイチローの打撃結果が勝利に直結しているとは言い難かったが、今季は結果的にイチローが打つことでチームも勝利に近づいている。

1/2ページ

最終更新:6/11(土) 7:00

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]