ここから本文です

広島、逃げ切り失敗で連勝ストップ 7回零封のドラ1岡田、初勝利ならず

ベースボールキング 6月11日(土)17時10分配信

○ 楽天 2 - 1 広島 ●
<2回戦・コボスタ宮城>

 広島が逆転負けを喫し、連勝は2でストップ。プロ初勝利を目指した先発・岡田は7回無失点との好投したが、2番手のヘーゲンズが逆転を許した。

 岡田は初回、先頭の岡島に四球を与えるも、後続を三人で退け無失点スタート。その後は制球重視の打たせて取る投球で、楽天打線相手に凡打の山を作った。

 6回以降は2イニング連続で得点圏に走者を背負ったが、ピンチで粘り7回無失点。三振数はわずか1つだったが、課題の四死球数も初回に与えた1つのみ。これまでの反省を活かし、プロ初勝利の権利を持って降板した。

 しかし1点リードの8回、2番手のヘーゲンズが一死から内野安打と四球でピンチを招くと、二死から代打・後藤に右前適時打を許し同点。この時点で岡田のプロ初勝利が消滅すると、ヘーゲンズは続く7番聖沢にも勝ち越しとなる適時打を右前へ運ばれた。

 攻撃陣は1点を追う9回、楽天の守護神・松井裕から無死一、二塁の好機を作るも、8番西川が送れず結局三振。その後も9番会沢、1番田中が凡退し、逆転を許したヘーゲンズが来日初黒星(2勝)を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:6月11日(土)17時10分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。