ここから本文です

石川11点、富山に大勝 ルートインBCリーグ、長短14安打

北國新聞社 6/11(土) 3:01配信

 ルートインBCリーグ(10日)石川ミリオンスターズは金沢市民野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦、長短14安打の力強い攻撃を見せて11―1で大勝した。西地区2位の石川は首位の福井ミラクルエレファンツが敗れたため、0・5差に迫った。

 一回表に1点を先制された石川はその裏1死後、三家が左前打して二盗、暴投で三進し、シリアコの左前打ですかさず同点とした。

 勢いづく石川は二回、先頭入谷が四球を選んで二盗、敵失で三進し、青木の左前打で勝ち越した。さらに、坂本の中前打でチャンスを広げ、宮澤が中前に2点適時打を放ち、敵失で5点目を奪った。

 四回に大村の左前打で加点し、七回には三家と桒原の2ランなどで5点を挙げ、点差を大きく広げた。

 先発した安江は8勝目を挙げ、九回に大リーグ・カブスでプレーした新入団のカブレラが初登板し、3者凡退で締めくくった。

北國新聞社

最終更新:6/11(土) 3:01

北國新聞社