ここから本文です

セビージャ、スペイン人MFサラビアと契約締結…清武とポジション争いか

SOCCER KING 6月11日(土)0時13分配信

 セビージャは10日、ヘタフェに所属するスペイン人MFパブロ・サラビアと正式契約を締結したことを発表した。契約期間は2020年までと併せて発表されている。

 現在24歳のサラビアは、レアル・マドリードの下部組織出身。同クラブでトップチームデビューを果たすと、2011年夏にヘタフェへ移籍した。今シーズンは2部降格となった同クラブにおいて、リーガ・エスパニョーラで31試合に出場し7ゴールを記録している。

 ヘタフェで背番号「10」をつけてプレーしていたサラビア。これまでは左サイドハーフやトップ下などの2列目を主な主戦場としていた。同日にセビージャがクラブ間合意に達したと発表したハノーファー所属の日本代表MF清武弘嗣とはポジションが被るため、レギュラー奪取へライバルとなることも予想される。

SOCCER KING

最終更新:6月11日(土)0時13分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。