ここから本文です

ユーロ初挑戦のベイル、イングランド代表を挑発「何も成し遂げていない」

SOCCER KING 6月11日(土)16時22分配信

 ウェールズ代表MFギャレス・ベイルが、ユーロ2016で実現するイングランド代表との対戦について発言した。10日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 ユーロ本大会へ史上初めて出場する同代表は、グループBでスロバキア代表、イングランド代表、ロシア代表と対戦する。11日に行われるスロバキア戦の前日会見に臨んだベイルは「楽しみだ。僕たちにプレッシャーはない」とコメントし、失うものが何もないことを強調。さらに、同組で同じイギリスのライバルであるイングランド代表についても言及した。

 ベイルは「イングランド代表はまだ何も成し遂げていないのに、自分たちのことを評価してるみたいだ。僕たちは彼らを倒せるはずだよ。向こうもそう思っているだろうけどね」と直接対決での勝利に自信を見せ、「いいゲームになるのは確実」と展望している。かつてはFA(イングランドサッカー協会)から誘いを受けたこともあるが、ウェールズへの忠誠を誓っている同選手は決してこれを受け入れなかった。当時のことについて聞かれると「僕は一生イングランド代表ではプレーしない。何にもならないからね」とコメントし、強いライバル心を明らかにした。

 主要国際大会に出場するのは1958年のワールドカップ以来となるウェールズ代表だが、ベイルは「プライドと情熱があるんだ。国歌だって、スタジアムにいる全員が歌うのさ。ベルギーとの試合で、僕たちは疲れ切っていた。そしたらスタジアム全体が国歌を歌い始めたんだ。これな事は他の国では見られないよ」とエピソードを明かし、声援の心強さを語っている。

 ウェールズ代表は11日にスロバキア代表と対戦。イングランド代表とは16日に顔を合わせる予定だ。

SOCCER KING

最終更新:6月11日(土)17時23分

SOCCER KING