ここから本文です

[コパ・アメリカ]千両役者だメッシ!途中出場26分間でハットトリックの鮮烈復帰!!

ゲキサカ 6月11日(土)12時30分配信

[6.10 コパ・アメリカD組 アルゼンチン5-0パナマ]

 コパ・アメリカD組の第2節が10日に行われ、アルゼンチン代表がパナマ代表を5-0で下した。2連勝のアルゼンチンは、第3戦を待たずに決勝トーナメント進出が決まった。

 アルゼンチンの先制点は前半7分、左サイドでFKを獲得すると、MFアンヘル・ディ・マリア(パリSG)のクロスをDFニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)が頭でねじ込み、試合を動かした。

 また、この試合は前半から両チーム合わせて7枚のカードが飛び交う大荒れのゲームとなった。前半31分にはパナマのMFアニバル・ゴドイ(サンノゼ・アースクエイクス)が2枚目のイエローカードも受けてしまい退場。アルゼンチン相手に10人での戦いを強いられることになった。ただアルゼンチンは前半43分にディ・マリアが負傷交代するアクシデントがあった。

 開始間もない時間に動いたゲームだが、スコアはこう着する。そこでアルゼンチンは後半16分から、5月の親善試合で腰を負傷した影響でベンチスタートが続いていたFWリオネル・メッシを投入。メッシがビブスを脱いでユニフォームに着替えると、スタジアムはこの日一番の盛り上がりを見せた。

 そしてやはりこの男はすごかった。出場から7分後の後半23分、DFロデリック・ミジェール(サン・フランシスコ)がクリアしたボールが、FWゴンサロ・イグアイン(ナポリ)の顔面に当たってメッシの足元にこぼれる。これを左足で沈め、追加点を奪った。

 さらに後半33分にはゴール右でFKを獲得すると、メッシが直接弾。左足でニアを狙ったボールが確実にゴールマウスを捕らえる。そして極めつけは後半42分、MFエリク・ラメラ(トッテナム)のカットからメッシがエリア内に入ると、左足でゴールネットを揺らしハットトリックを完成。同45分にはFWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)が得点してゴールラッシュを締めくくった。

最終更新:6月11日(土)12時37分

ゲキサカ