ここから本文です

負傷者続出の甲府が2か月ぶり白星! ビリー・セレスキーが鮮やか決勝点

ゲキサカ 6月11日(土)17時41分配信

[6.11 J1第1ステージ第15節 甲府1-0福岡 中銀スタ]

 J1第1ステージ第15節が11日に各地で行われた。山梨中銀スタジアムでは14位ヴァンフォーレ甲府と18位アビスパ福岡が対戦し、1-0で甲府が4月10日の第6節・湘南戦(3-1)以来、9試合ぶりの白星を挙げた。一方の福岡は4試合白星なし(1分3敗)となった。

 試合は前半終盤に動く。甲府は前半42分、MFビリー・セレスキーが、FWチュカとFW稲垣祥とのワンタッチでのパス交換から中央を突破し、右足でゴール右隅に決め、先制点。鮮やかな崩しから甲府が1-0で前半を折り返した。

 FWクリスティアーノを中心に追加点を狙いに行く甲府に対し、福岡は前線のFWウェリントンがターゲットとなるも1点が遠い。後半38分には、ウェリントンがPA内に進入し、GK河田晃兵に当たったシュートがゴールに向かうも、カバーに入ったDF畑尾大翔にゴールライン際でクリアされてしまった。

 試合はそのまま1-0でタイムアップ。決勝点を決めたビリー・セレスキーは試合後のインタビューで、「重要な試合でした。練習通り、いい形でゴールを決められてうれしい」と喜んだ。また、佐久間悟監督は「怪我人が多くて、少しバランスを崩した感はあったが、選手が一生懸命やってくれて、試合の期間が開いた中でもう一度守備の戦術を立て直して、それがうまくいった」と語り、サポーターの応援に感謝した。

最終更新:6月11日(土)17時41分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。