ここから本文です

広島、開始3分のウタカ12点目で先制も…敵地で神戸とドロー

ゲキサカ 6月11日(土)18時4分配信

[6.11 J1第1S第15節 神戸1-1広島 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸対サンフレッチェ広島は1-1の引き分けに終わった。神戸はリーグ戦3戦連続のドロー。上位との差を詰めたかった広島にとっては痛い勝ち点1となった。

 試合は序盤に動いた。前半3分、広島は右サイドからのCKを獲得すると、MF柴崎晃誠のクロスがフリーで走り込んだFWピーター・ウタカの頭にピタリと合う。2桁に乗せた2位・大久保嘉人(川崎F)を突き放す、3戦連発、今季12点目を決めて先制に成功した。

 しかし神戸は前半13分、右サイドでサイドチェンジのボールを受けたDF高橋峻希がクロスを上げると、走り込んだMF渡邉千真がDFを引き付ける。その裏でフリーで待っていたFWペドロ・ジュニオールにボールが渡ると、落ち着いてゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

 その後は互いにチャンスはあったが決めきれない。広島は後半21分から日本代表FW浅野拓磨を投入して勝負をかけるが、GKキム・スンギュを中心とした固い守備網を崩すことが出来ず。対する神戸もカウンターなどでチャンスを作るが、フィニッシュの精度を欠いた。

最終更新:6月11日(土)18時4分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]