ここから本文です

応援席からは罵声、怒声…名古屋は“降格圏3連戦”1分2敗「この現状は申し訳ない」

ゲキサカ 6月11日(土)21時38分配信

[6.11 J1第1S第15節 名古屋0-1鳥栖 パロ瑞穂]

 試合終了の瞬間、ホームスタンド側からも罵声や怒声が容赦なく浴びせられた。さらに選手たちがゴール裏のサポーターの前にあいさつに立つと、サポーターは両手を広げて不満をあらわにし、選手たちを叱責する姿が見られた。名古屋グランパスはホームでサガン鳥栖に0-1で敗戦。ここ3戦は降格圏の3チームとの対戦だったが、1分2敗という厳しい現実が突き付けられた。

 手は打った。現状打破を目論む名古屋は、これまでこだわってきたFWシモビッチの1トップシステムを変更。3-1と快勝した5日のナビスコ杯磐田戦で得点したFW川又堅碁を今季初先発させ、シモビッチとの2トップに変更した。

 しかし前半6分に先制点を許すと、低迷するチームは早くも慌てだす。前半を1点ビハインドで折り返すと、小倉隆史監督は川又を下げてMF磯村亮太を投入。システムをもとに戻すという決断を下した。しかし7戦ぶりの勝利を目指す鳥栖の集中した守備陣を崩すだけのパワーはなく、移籍3年目で初対戦となったFW野田隆之介のシュートもGK林彰洋の腕の中に収まった。

 指揮官は「一番やってはいけない最初のセットプレーで失点して自分たちのリズムを崩してしまった。単調な攻撃だけになってしまった。落ち着く前のところでリズムを作れなかったのが、いろんな部分で尾を引いてしまった」と敗因の分析。「何とか結果に繋げないと。サポーターやファンの皆さんにこの現状は本当に申し訳ない。しっかりやるしかない」と自らに言い聞かせるように、気合を入れ直していた。

最終更新:6月11日(土)21時38分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]