ここから本文です

ラニは3着健闘 クリエイターが優勝/米・ベルモントS

netkeiba.com 6月12日(日)7時48分配信

 現地時間11日、米国・ベルモントパーク競馬場で行われたベルモントS(3歳・GI・ダート1 1/2マイル(約2400m)・13頭・1着賞金80万米$)に、日本のラニ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎、武豊騎手)が出走。

 ラニは5分のスタートを切って、最初のコーナーでは後方にいたものの、外から好位までポジションを上げていった。3~4コーナーでは各馬のスパートに置かれそうになったが、直線に入って外からの猛追を見せ、結果3着に入線。米3冠皆勤を果たすだけでなく、ケンタッキーダービー9着、プリークネスS5着、そして本レースと出走する度に順位を上げる奮闘ぶりを見せた。

 勝ったのはI.オルティスJr.騎手騎乗のクリエイター(牡3、米・S.アスムッセン厩舎)。2着デスティン(牡3、米・T.プレッチャー厩舎)との接戦を制してのVとなった。勝ちタイムは2分28秒51。なお、プリークネスSを制して1番人気に支持されていたエグザジャレイター(牡3、米・K.デザーモ厩舎)は11着に終わった。

【日本馬プロフィール】
◆ラニ(牡3)
騎手:武豊
厩舎:栗東・松永幹夫
父:Tapit
母:ヘヴンリーロマンス
母父:サンデーサイレンス
馬主:前田幸治
生産者:North Hills Co. Limited
通算成績:9戦3勝(重賞1勝)
主な勝ち鞍:UAEダービー(GII)

最終更新:6月12日(日)8時33分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]