ここから本文です

【シュートボクシング】RENAがUFC出場について「流れに任せる」

イーファイト 6月12日(日)11時45分配信

 7月7日(木)東京・豊洲PITで開催される女子格闘技の祭典『Girls S-cup 2016』の記者会見が、6月11日(土)東京・浅草の花やしき特設ステージで行われた。

【フォト】艶やかな浴衣姿で登場したRENAとMIO

 公開イベントとして行われたため、記者との『Girls S-cup 2016』に関する質疑応答の後にはファンからの質問も受け付け、その中にはなかなか興味深い回答も。

 まずUFCに出て欲しいとの意見に、RENAは「UFCに夢はありますが流れに任せます。出たらUFCの舞台でシュートボクシング(以下SB)を広められるのであればいいと思います」と、SBを世界に広めるきっかけになるのならと回答。

 MIOは「私はまだそこまで行っていないので、夢ですと言えるところまで行きたいです」と答えたが、RENAは「自分がぶっ倒れてもいいからオープンフィンガーグローブで殴りたいと言っていました」と、MIOがMMAにも興味を持っていることを暴露した。

 SB協会のシーザー武志会長からは2人の言葉を受けて、「立ち技が多く見られるルールとして、SBルールを元にして作っていけばいいと思います」と、新しいMMAルールの作成も視野に入れているという興味深い発言も。

 また、ヒジ打ちを練習している動画を見たとのファンの声に、RENAは「いつ何時、どんなルールで対戦するか分からないので何があってもいいように備えています」と、ヒジ打ちありルールにも対応出来るように練習していると答えた。

最終更新:6月12日(日)11時45分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]