ここから本文です

前田敦子、初フリーライブ開催。「ソロデビュー5周年、ゼロに戻ってあらたな気持ちで」

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月12日(日)13時36分配信

6月11日、前田敦子が神奈川県川崎市のラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場 グランドステージで、6月22日に発売される1stアルバム『Selfish』の発売記念イベントを開催した。フリーライブを行うのは自身初。

【詳細】「Selfish」MVはこちら

大勢の待ちわびたファンから「あっちゃーん!」と熱い声援が飛ぶなか、前田は夏らしい白いTシャツとスカートで屋外ステージに登場。「今日はよすぎるくらい、いいお天気になりました。短い時間ですが楽しんでってください!」と挨拶。放送中の主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」主題歌で、アルバムのタイトル曲にもなっている「Selfish」をファンの前で初生歌唱した。

「この曲は、ドラマのために秋元 康さんが歌詞を書いてくださって、何種類かあった曲の候補のなかからプロデューサーや監督が選んでくれたんです。だからドラマの内容にとてもマッチした曲になっています」と紹介。前田が“超恋愛体質”な新聞記者を演じ、過激なストーリーと体当たり演技が話題となっている同ドラマ。「あと2話。もうひと波乱ありそうなので、楽しみにしててください」と呼びかけた。

「Selfish」のミュージックビデオは、昨年公開された主演映画「さよなら歌舞伎町」を手がけた廣木隆一監督と再びタッグを組んだもの。「アルバムもミュージックビデオも制作は急ピッチ。忙しい監督がスケジュールの合間を縫って撮影と編集をしてくださった」と裏話も披露した。

また、事前に本人がツイッターで人気投票を行い、5万735票もの投票の結果、人気1位となった2nd「君は僕だ」も歌唱した。

会場のファンに質問用紙を配り、前もって募集した質問に答えるコーナーも実施。「最近恋してますか?」という質問には、「したいですねー。皆さんは恋してますか?」と逆に会場に呼びかけた。ファンからの「あっちゃんに恋してるー!」という声に、「わー!うれしいです。私も!」と答えると、ファンから悲鳴のような歓喜の声が上がった。そのうえで「恋愛にすべてを縛り付けるのは寂しいと思う。ドラマで共演している新井浩文さんとかと、お友達として遊んでいます。そういう関係も男女にはあると思う。だから今は男性のお友達と会うのがすごく楽しいです」と現在の恋愛観を語った。

全4タイプで発売される同アルバムには、ソロデビューしてからのシングル作品「Flower」「君は僕だ」「タイムマシンなんていらない」「セブンスコード」などのほか、タイプごとに異なる新曲4曲が収録される。この新曲について前田は「それぞれまったくテイストの違う曲になっていてレコーディングも楽しかったです」と紹介した。

アルバム発売日の6月22日は、ソロデビューしてからちょうど5周年の記念日にあたる。前田はこの5年を振り返って、「この芸能界に入ってから約半分にもなる期間を、ソロとしてやらせてもらっているんだなと思うと感慨深いです。この節目に、もう一度ゼロに戻って、あらたな気持ちで頑張っていこう、と前向きになっています」と今後の活動に意欲を見せた。

ライブ終了後には、CDを予約したファンが参加できるハイタッチ会が行われ、前田は笑顔でファンとのふれあいを楽しんだ。

リリース情報
2016.06.22 ON SALE
ALBUM『Selfish』

キングレコード 前田敦子 ページ
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=41775

前田敦子 OFFICIAL WEBSITE
http://www.atsuko-maeda.com/index.html

最終更新:6月12日(日)13時36分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。