ここから本文です

AAA、Da-iCE、ボイメン、欅坂46ら豪華アーティストが集結。「ハウステンボス MUSIC FES. 2016」大盛況で終幕

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月12日(日)14時30分配信

6月11日、長崎・ハウステンボスにて九州最大級の野外音楽フェス「がんばろう!九州 ハウステンボス MUSIC FES.2016」が開催された。

晴天にも恵まれ、フェス会場には8000人の音楽ファンが集まった。オープニングアクトとしてFREAK、宮脇詩音、JamFlavor、Thinking Dogsと、今業界最注目アーティストが集結し、フェスのスタートを切った。

メインアクトの公演に入る前には元AKB48の高橋みなみが登場。

「皆さんこんにちは!高橋みなみです!暑いですね!本日私2回目のハウステンボスになります。私、今回ですね、<がんばろう!九州>のサポーターとして出演させていただいております。お昼時、ハウステンボス内を歩いてですね、佐世保バーガーを食べさせていただきました!こんな暑いなかですけども皆さんと楽しんでいきたいと思っております!」と会場を盛り上げ、「せっかくこんな素敵なステージに立たせていただいているので、1曲歌わせていただいてもよろしいでしょうか!今から歌わせていただく曲はNHKの番組内で私が作詞を担当して作らせていただいた曲なのですが、たくさんの方に合唱ソングとして歌ってもらえる曲になればいいなと思っています」と紹介。長崎県諫早市の私立鎮西学院高等学校コーラス部24名、長崎県長崎市 私立活水高等学校コーラス部 樟TwinkleStars8名、合計32名のコーラスと共に秋元 康がプロデュースし、自身が作詞した「あの空」を歌唱した。

メインアクトには音楽フェス初参戦となる欅坂46が登場。4月にリリースされ、オリコンランキングで1位を獲得し、デビューシングルとして様々な記録を打ち立てている「サイレントマジョリティー」を含む3曲を歌唱。

ライブ終了後には高橋みなみとともにトークセッションにも登壇。長崎県出身のメンバー、長濱ねるは「長崎にこうやって欅坂として返ってくるのがすごく不思議で、すごくうれしい。ハウステンボスは小さいときから来ています」とうれしそうに話した。

また、石森虹花は「私がいちばん、今泉佑唯ちゃんと目をつけていたのは、世界初の炭酸氷っていうものがあって、なんだろうって気になってました」と飲食ブースに目を向けた。

ライブにはSOLIDEMO、BOYS AND MEN、MACO、Da-iCE、ハジ→、MINMI、ソナーポケット(出演順)と登場し、ハウステンボスを盛り上げた。

大トリにはAAA(メイン写真)が出演。リーダー浦田直也が「佐世保の皆さん!楽しんでますか!全部の力使って楽しんでってください!」とファンを煽り、紅白歌合戦でも歌唱され、動画再生数約5,000万回という驚異的な数字を叩き出している「恋音と雨空」や6月8日にリリースされたばかりの新曲「NEW」も披露した。

曲間のMCで長崎出身の末吉秀太が「今日は凱旋ライブだと思ってます!ただいまー!!!やっぱり佐世保のみんなは温かいですね!」と帰郷を喜んだ。

また、日高光啓は「今歌った<さよならの前に>なんですけど、昨日メンバーの與君と、ハウステンボス内にあるホログラムシアターで自分の映像を見てきたんですよ。夜のハウステンボスでデートです。ハートのイルミネーションの下で男性二人です」と会場を笑わせた。

AAAは全7曲を歌唱し、見事大トリを務め、「がんばろう!九州 ハウステンボス MUSIC FES.2016」を締めくくった。

最終更新:6月12日(日)14時52分

M-ON!Press(エムオンプレス)