ここから本文です

三越がメッセージギフトつきお中元を導入 顧客ニーズを満たすサービス

エコノミックニュース 6/12(日) 10:17配信

 今年のお中元に合わせて、三越伊勢丹ホールディングス <3099> の三越は銀座店は「声のメッセージギフト」サービスを開始した。これはお中元と共に届くQRコードをスマートフォンで読み込むと送り手からのメッセージを聞くことができるという初の試みだ。

 このサービスは凸版印刷 <7911> が提供する「Voicepack」を利用している。贈り手がギフトセンターの録音ブースで10秒ほどのメッセージを吹き込むと、その音声データがWebサーバーに保管されて、データアクセス用のURLがQRコードで生成される。三越ではそのQRコードをシールにする。利用者は受け取ったシールを台紙に貼って専用の封筒に入れ、ギフトセンターから商品と共にギフト発送することができる。

 このサービスのメリットは、音声をWeb上に保存して、従来の音声付きギフトカードに必要だった再生・録音機構を省く経済性だろう。受け手側もスマートフォンなどの手持ちの媒体を用いて音声を手軽に再生できる。凸版印刷では、季節ギフト売り場や、父の日、母の日、バレンタインデー、クリスマスなどイベント用プレゼントを販売する店頭、結婚式場や写真館、観光地のお土産店のサービスなどで更なる受注を見込む。その際に、PCやプリンターといったハード類、イベントのブースデザインから施工、発送の際に必要な台紙や封筒などの文具、その他販促ツールまで、トータルでサービスをサポートすることが出来るのも同社の強みだ。

 昨年ライフメディアが各世代の男女1000人を対象に行った調査によると、お中元を贈る相手で一番多いのは「両親」(44.9%)、次いで「親戚」(23.5%)、「兄弟姉妹」(23.5%)となっており、「上司」(10.4%)や「取引先」(10.0%)を大きく抑えて、近親者に好んでお中元を贈る実態がわかる。また西日本電信電話株式会社が実施した別の調査では、「もしお中元をメッセージ付きで貰ったらうれしいか」という質問に対して、「とても嬉しい」または「嬉しい」の回答は合わせて80.6%を占めた。一方で、実際にメッセージをつけて贈っている人は15.3%に留まっていて、メッセージ付きギフトの潜在需要を示す結果となっている。ギフトを用意するついでに簡単に声のメッセージを用意できる三越のサービスが成功すれば、今後Voicepackのギフト事業は大きな広がりを見せるかもしれない。(編集担当:久保田雄城)
 

Economic News

最終更新:6/12(日) 10:17

エコノミックニュース

チャート

三越伊勢丹ホールディングス3099
1278円、前日比-1円 - 12/2(金) 15:00

チャート

凸版印刷7911
1066円、前日比+7円 - 12/2(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。