ここから本文です

総統府、馬英九前総統の出国認めず 機密保持などの観点で/台湾

中央社フォーカス台湾 6月12日(日)18時8分配信

(台北 12日 中央社)総統府の黄重諺報道官は12日、馬英九前総統が申請していた日帰りでの出国について、機密の保持などの観点から認めないと発表した。

馬前総統は、講演のため今月15日に香港を日帰りで訪問するとしていた。台湾では国家機密保護法により、国家機密に関わった元政府関係者らについて、退職から3年以内の出国には所属していた機関への許可申請が義務付けられている。

黄報道官は、出国を認めない理由として▽退任から1カ月も経過しておらず、機密保持の必要がある▽機密に関して時間をかけて精査する必要がある▽香港が国家安全上敏感な地域である▽中華民国国家安全局と香港側との間には協力の前例がないなどとしている。

(葉素萍、李淑華/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月12日(日)18時8分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。