ここから本文です

イ・ボミが歴代2位の9試合連続トップ5 40歳Vの先輩から刺激も

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月12日(日)17時24分配信

国内女子ツアー「サントリーレディス」最終日を5位から出たイ・ボミ(韓国)は6バーディ、2ボギー「68」とし、通算10アンダーの2位タイでホールアウト。惜しくも1打差で優勝を逃したが、今季第2戦「PRGRレディス」からの連続トップ5をツアー歴代2位タイの9試合とし、1位のアン・ソンジュ(韓国)が持つ10試合まであと1試合に迫った。

今年も新記録を樹立!強くて可愛いイ・ボミの画像集

また、ツアー記録を更新中の開幕戦から続く連続トップ10を10試合に伸ばすとともに、昨年11月「伊藤園レディス」から続く年またぎでの連続トップ10を13試合とした。1位は不動裕理が持つ16試合。

最終組の2つ前から6打差を追ってのスタート。後半11番からの7ホールで4バーディを奪うチャージをかけ、ついに18番を前に首位のカン・スーヨン(韓国)をとらえる。だが、雨脚が強くなったその最終グリーン上で2mを外し、痛恨の3パットボギー。「やっぱり18番が悔しかった」と肩を落とした。

1打差で逃げ切ったのは40歳のカン。同郷の大先輩の3年ぶりのタイトルを見届けて、27歳の気持ちに大きな変化が生まれた。「カン・スーヨンさんは今の年齢でも優勝できてすごい。疲れた、疲れたと言っている自分を反省したし、いい勉強になりました」。

さらには引退時期についても言及し「私は(キャリアの)良いときに引退したほうがいいと思っていたけど、そんな考えがあるから、いま優勝ができていないんだと思う。これからは、あと何年ゴルフをやる、ということを決めず、ずっと頑張っていきたい」と言葉にした。(兵庫県神戸市/塚田達也)

最終更新:6月12日(日)17時24分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]