ここから本文です

ルージュバックが突き抜け牡馬撃破! 1年4か月ぶりのV/エプソムC

netkeiba.com 6月12日(日)15時51分配信

 12日、東京競馬場で行われたエプソムC(3歳上・GIII・芝1800m)は、中団でレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ルージュバック(牝4、美浦・大竹正博厩舎)が、直線で外から一気に突き抜け、最後は後方から追い上げてきた3番人気フルーキー(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。

 さらにクビ差の3着に6番人気マイネルミラノ(牡6、美浦・相沢郁厩舎)が入った。なお、2番人気ロジチャリス(牡4、美浦・国枝栄厩舎)はマイネルミラノから1/2馬身差の4着に終わった。

 勝ったルージュバックは、父マンハッタンカフェ、母ジンジャーパンチ、その父Awesome Againという血統。昨年はクラシック候補と期待されながら無冠に終わり、今年も2戦して勝ち星を挙げられなかったが、ここで牡馬を破って鬱憤を晴らした。

【勝ち馬プロフィール】
◆ルージュバック(牝4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:美浦・大竹正博
父:マンハッタンカフェ
母:ジンジャーパンチ
母父:Awesome Again
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:10戦4勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2015年きさらぎ賞(GIII)

最終更新:6月12日(日)20時51分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ