ここから本文です

福島県警など沿岸部一斉捜索 震災から5年3カ月

福島民報 6月12日(日)9時33分配信

 東日本大震災から5年3カ月となる11日、福島県警などは県内沿岸部で震災による行方不明者の一斉捜索を行った。
 津波で32人が犠牲となった南相馬市原町区下渋佐行政区の沿岸部では、南相馬署の署員約20人が捜索に当たった。
 署員は警杖などを使って砂浜を丹念に調べ、行方不明者の手掛かりを捜した。
 県警本部災害対策課によると、特別捜索の結果、キャッシュカードと診察券2点が見つかった。

福島民報社

最終更新:6月12日(日)9時33分

福島民報