ここから本文です

田村の魅力語り合う 風とロックCARAVAN

福島民報 6月12日(日)9時45分配信

 福島県内59市町村を巡りながら古里の魅力を発信する「風とロックCARAVAN福島」は11日、田村市滝根町の旧広瀬小体育館で開かれた。
 郡山市出身のクリエイティブディレクター箭内道彦さんが冨塚宥●田村市長、滝根町商工会女性部長の二瓶恵美子さん、田村市復興応援隊員の渡辺絵里さんとトークショーを繰り広げた。冨塚市長は8月5日に開催される大相撲田村場所をPR。二瓶さんはご当地グルメ「きむコロ」を紹介し、渡辺さんはあぶくま洞などの観光地や特産品を説明した。
 音楽ライブでは、川内村生まれ、富岡町育ちのミュージシャン渡辺俊美さん、米国出身のスコット・マーフィーさん(MONOEYES)、福島市のシンガー・ソングライターMANAMI(まなみ)さんが歌声を響かせた。ラジオ福島が2時間にわたり生放送した。
 CARAVANは風とロック、福島民報社、ラジオ福島の主催、アサヒグループホールディングス、かんのや、ニラク、花春酒造、福島トヨペット、ベスト学院の協賛、田村市の後援。
 次回は7月30日午後1時から喜多方市塩川町で開く。

※●は「日」ヘンに「景」

■来春開校都路の統合小校歌 箭内さんが制作へ

 田村市都路町の古道、岩井沢両小学校の統合により来年4月に開校する新小学校の校歌の作詞・作曲を箭内さんが担当する。冨塚市長が11日に田村市滝根町で開かれた風とロックCARAVAN福島で明らかにした。

■来月熊本で開催 地震被災地を支援

 同企画の番外編として「風とロックCARAVAN福島@熊本」を7月9日に熊本県益城町の広安西小で催す。熊本地震の被災地支援の一環。箭内さんらが訪れ、地元住民とのトークショーや音楽ライブを繰り広げる。

福島民報社

最終更新:6月12日(日)9時45分

福島民報