ここから本文です

V6森田剛、次回作は“壁ドン”映画!?途中退席者続出の衝撃作「ヒメアノ~ル」大ヒット御礼舞台挨拶に登場

E-TALENTBANK 6/12(日) 18:37配信

5月28日(土)の全国公開以降、300館規模の作品が並ぶ中、86館という公開館数ながらぴあ映画初日満足度調査第1位(5月28日調べ)、Yahoo!映画評価ランキング第1位(5月30日時点)を獲得と話題沸騰・絶賛公開中の映画「ヒメアノ~ル」。このたび、大ヒットを祝し、主演・森田剛、濱田岳、吉田恵輔監督登壇による舞台挨拶が行われた。

上映終了後、いきなり登場したMCに場内がざわつく中、「実は本日、森田剛さん、濱田岳さん、そして吉田恵輔監督が、何と!!皆様と一緒に本作をご覧になっていたんです!!」と言うと、それを知らない観客からは大きな悲鳴が。

さらに森田らにスポットがあたり、舞台上に登壇すると場内のテンションはマックスに。実はこの日、森田のアイデアからキャスト、監督らがこの日集まった観客とともに作品を鑑賞する上映会をサプライズで実施。

この企画は先日、吉田監督と一緒にいったイタリアの映画祭で観客と一緒に作品を観たときからの森田の希望だったようで「みなさんと一緒に観れて貴重な体験ができました。」と感想を述べると、濱田も「笑ってくれたりとかザワザワする感じが、よかったです!」と続けた。海外の観客との違いについて森田は「独特と言いますか、ウディネよりは静かに集中して観られているなと感じました。向こうはケラケラ笑っていたので」とこの日の観客のリアクションについて率直に語った。作品の大ヒットについて吉田監督は「(公開)初日の夕方にプロデューサーの普段は見慣れないご機嫌な顔が見られたので、あの日はよく飲めました。」と喜びを語った。

イベント中には、公式HPを通じてファンから集まった質問に答える場面では「次回、森田さん、濱田さんと作品を撮るならどんな作品にしますか?」との吉田監督への質問に対して「森田君が嫌そうな壁ドンさせたいね~。ぞーっとするセリフを言わせたいね!」というと、観客からも「やってぇ~!」とリクエストが。森田は「(監督と)ご一緒できるなら!」と言いつつも「壁ドンは...できないなあ、膝が笑っちゃいそう」と苦笑する場面も。

その他の質問に対して真剣に答える森田の姿や濱田のコメントに対して吉田監督がツッコミを入れるなど楽しそうに進行していった。舞台挨拶の締めくくりに森田は「上映後の独特な空気で盛り上がっているか心配になった」と言いつつも「本当に自信をもって一人でも多くの方に観ていただきたいです!」と観客に呼びかけ大声援の中、イベントは終了した。

最終更新:6/12(日) 18:37

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]