ここから本文です

ティームがフェデラーを倒して決勝へ [シュツットガルト/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 6月12日(日)12時10分配信

 ドイツ・シュツットガルトで開催されている「メルセデス・カップ」(ATP250/6月6~12日/賞金総額60万6525ユーロ/グラスコート)の準決勝で、第3シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)を3-6 7-6(7) 6-4で倒して決勝に進出した。

 雨による中断を挟んだ試合でフェデラーは2つのマッチポイントをものにできず、フルセットの競り合いの末に敗れた。

 第2セットでティームは5-0とリードしていたが、そこからフェデラーが5ゲームを連取。タイブレークに入るとフェデラーが最初のマッチポイントをつかむが、スマッシュをネットにかけて逃してしまう。2本目のマッチポイントはセカンドサービスからボレーに出ようとしたが、ティームが非の打ち所のないリターンのパスで抜き去った。ティームは8-7からスマッシュで決めて、セットをものにした。

「僕はものすごくナーバスになっていた。タイブレークを取れたのはラッキーだったが、世界最高の選手をグラスコートの上で倒すには幸運が必要だ」とティームは言った。

 ティームはフェデラーが背中の故障のためにとった2回のオフの間にあたる5月のローマの3回戦でも、フェデラーを倒していた。それはクレーコートでの勝利だったが、今回の勝利はフェデラーのお気に入りのサーフェスであるグラスコートでのことだ。

「フェデラーをグラスコートで倒したなんて信じられない」とティーム。彼はグラスコートでの経験が非常に少ない。一方のフェデラーはウィンブルドンで7度優勝している。

 ティームの2本目のマッチポイントでフェデラーが打ったバックハンドがサイドラインを割った瞬間、試合に終止符が打たれた。この試合は雨で2度中断され、その都度30分程の休止のあとに再開された。2度目の中断は第3セットでティームがブレークを果たし、4-3とした直後に起こった。

 ティームは決勝で、第7シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)と対戦する。コールシュライバーは第2セットの途中で起きた長い雨による中断を挟んだ準決勝で、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)を6-3 6-4で下して勝ち上がった。

 フェデラーは今年、いまだタイトルを一つも獲れずにいる。彼は全豪オープンの準決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れたあと膝の手術を受け、背中の故障のため全仏オープン出場を断念した。それでも彼は今のところ、世界3位の座をキープしている。

フェデラーがティームとの準決勝へ [メルセデス・カップ]

 一方、ティームは今年すでに3つのタイトルを獲り、全仏オープンでは初のグランドスラム準決勝に進出。これでランキングは一気に自己最高の7位にまで跳ね上がった。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: STUTTGART, GERMANY - JUNE 11: Dominic Thiem of Austria celebrates after the semifinals on day 8 of Mercedes Cup 2016 on June 11, 2016 in Stuttgart, Germany. (Photo by Daniel Kopatsch/Bongarts/Getty Images)

最終更新:6月12日(日)12時10分

THE TENNIS DAILY