ここから本文です

昨年覇者の前川隼らがベスト8進出<男子テニス>

tennis365.net 6月12日(日)9時50分配信

チャレンジカップ

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する~Road To Spain チャレンジカップ~関西大会は11日、大阪体育大学にて1回戦から3回戦が行われ、ベスト8が出揃った。

村上、前川がスペイン初挑戦

今年で3回目を迎えるこの大会は高校生・大学生の年代を対象に、国際大会出場のチャンスと海外経験のチャンスを提供することを目的として、関東大会と関西大会をそれぞれ開催。

各大会の優勝者には、スペインのサバデルで開催される男子ツアーのITFフューチャーズ大会・サバデルオープンの本戦ワイルドカード、および往復渡航の権利が付与される。

関西大会は初日を終えて8強が出揃い、山崎貴裕(龍谷大学)、瀧本怜央(立命館大学)、島田達也(関西大学)、大塚健太郎(神戸学院大学)、本多優一(大阪体育大学)、柴野晃輔(関西大学)、安藤新(大阪体育大学)、前川隼(神戸学院大学)が残り1枠のスペイン行きをかけて準々決勝進出を決めた。

今回8強入りを決めた本多、安藤、前川の3選手は、昨年の関西大会でもベスト8進出しており、関西大学の島田と柴野は共に左利きで、今年の春季関西学生テニストーナメントでベスト16進出を果たしている。

関東大会は6月4日・5日に行われ、昨年の関東覇者・村上彰啓(法政大学)が大会初の2連覇を達成すると同時にスペイン行きを決めている。

大会最終日の12日は、準々決勝から決勝まで行われる。準々決勝の対戦予定は以下の通り。

【準々決勝】
山崎貴裕(龍谷大学) vs. 瀧本怜央(立命館大学)
島田達也(関西大学) vs. 大塚健太郎(神戸学院大学)
本多優一(大阪体育大学) vs. 柴野晃輔(関西大学)
安藤新(大阪体育大学) vs. 前川隼(神戸学院大学)

tennis365.net

最終更新:6月12日(日)9時50分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。