ここから本文です

日本の代表的客船「飛鳥」3代目登場か しかし多い課題、頓挫の可能性も

乗りものニュース 6/12(日) 14:38配信

ためらう三菱重工

 日本を代表するクルーズ客船で、日本籍では最も大きい客船である「飛鳥II」。その後継として数年前から浮かんでは延期されてきた「飛鳥III」が今度こそ、登場しそうです。

 2016年6月、「飛鳥II」を所有・運航する日本郵船グループが、2020年に建造30年を迎える「飛鳥II」の代替として、2020年度中に「III」を就航させる方針を明らかにしました。日本郵船の内藤忠顕社長は、「今年度(2016年度)中にメドをつけたい」と日本経済新聞で語っています。

 ですが「新造船を建造する」とは明言されていないなど、「飛鳥III」実現にはいくつかの課題があるようです。

 その最大の課題は、新造する場合の発注先です。日本郵船は初代「飛鳥」、そして「飛鳥II」とも三菱重工の長崎造船所で建造。今回も三菱を第一候補に、数年前から建造交渉が積み上げられてきました。

 しかし現在、三菱重工に「ためらい」が生じています。

 三菱重工は、アイーダ・クルーズ社(ドイツ)向けの客船建造に失敗。2016年3月にようやく引き渡しを行ったものの、建造工期は大きく遅延し、2370億円もの赤字が発生してしまいました。そのため現在、同社内には「客船事業評価委員会」が設置され、客船建造を継続するかどうかの方針づくりが進められています。つまり、それによって三菱重工側の体制が固まらない限り、「飛鳥III」の商談が実現しない可能性があるのです。

 日本郵船は過去、傘下であるクリスタルクルーズの客船を欧州の造船所で建造したことがあり、今回も打診したといわれています。しかし欧州の造船所は現在、どこも受注残であふれており、手が回らないのが実情。また、欧州では日本船籍の客船を建造した実績もないことから、商談として深化されることはありませんでした。

 新造ではなく、中古船を改装し「飛鳥III」にする方法もありますが、「日本郵船が望むような、船齢の若い中型高級船の調達はかなり難しい」(中古客船ブローカー)というのが現状。つまり三菱重工が「客船建造に応じられない」という結論を出すと、「飛鳥III」の実現は大きく遠のくかもしれません。

1/2ページ

最終更新:6/13(月) 12:10

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。