ここから本文です

[速報EURO4]やはりロシアは曲者だった…… AT劇的同点弾でイングランドに勝利許さず

theWORLD(ザ・ワールド) 6/12(日) 6:05配信

イングランドは幾度ものチャンスを決めきれず

Group_B 第2節 イングランド 1-1 ロシア
2016年6月11日 / マルセイユ / 現地16時キックオフ

EURO2016グループB。注目のイングランドはロシアと激突した。

立ち上がりから球際の激しさを見せる両チーム。だがペースを握ったのはイングランドだった。7分にララーナのシュートが枠を捉えると、12分にはスモーリングがヘディングでゴールを強襲。ロシア守備陣の隙間を突いて攻撃を仕掛けていく。

ロシアも17分、右サイドからのフリーキックにイグナシェビッチが合わせゴールを襲うなど反撃を見せるが、大半はイングランドの攻撃を受ける時間が続く。イングランドはやや下がった位置から絶妙な配球を見せるルーニーを中心に幾度もチャンスを作り出すが、GKアキンフェエフの好守もありチャンスを決めきることができない。前半はスコアレスで折り返した。

しかし後半の立ち上がりから、ロシアが積極的な姿勢を見せはじめる。次第にプレッシングは激しくなり、62分にはスモロフの狙いすましたシュートがイングランドゴールを襲った。

66分にはイングランドに大チャンス。ルーニーがこぼれ球を正面からフリーで狙ったが、またもアキンフェエフが好セーブ。右手一本でシュートを弾き、ゴールを許さない。しかし、その直後にスコアは動いた。73分、イングランドがゴール正面でフリーキックを得ると、蹴ったのはダイアー。強烈なキックがゴール左上に突き刺さり、ついにイングランドはリードを得る。

ロシアのスルツキ監督はシロコフやグルシャコフなど次々にカードを切り、同点を目指すが、イングランドの守備は崩れない。だがアディショナルタイムにドラマは待っていた。左サイドからの高いロングボールにベレズツキが頭で合わせると、最後は飛び込んできたグルシャコフが押し込む。間もなくゲームはホイッスルとなった。

あと一歩で勝利を逃し、初戦に勝てないというジンクスを払拭できなかったイングランド。今回こそは違うという期待のかかったチームだったが、16本ものシュートを放ちながらも思うように得点を奪えず、不安の拭えないスタートとなってしまった。この結果、グループBはウェールズが首位に立っている。


[イングランド代表]
監督 ロイ・ホジソン

GK
ジョー・ハート(マンチェスター・C)
DF
ダニー・ローズ(トッテナム)
ギャリー・ケイヒル(チェルシー)
クリス・スモーリング(マンチェスター・U)
カイル・ウォーカー(トッテナム)
MF
エリック・ダイアー(トッテナム)
デル・アリ(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
アダム・ララーナ(リヴァプール)
ウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)
FW
ハリー・ケイン(トッテナム)


交代出場
77分 ジャック・ウィルシャー(アーセナル)
(OUT ウェイン・ルーニー)
87分 ジェイムズ・ミルナー(リヴァプール)
(OUT ラヒーム・スターリング)

[ロシア代表]
監督 レオニド・スルツキ

GK
イゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)
DF
ゲオルギ・シェンニコフ(CSKAモスクワ)
セルゲイ・イグナシェビッチ(CSKAモスクワ)
バシリ・ベレズツキ(CSKAモスクワ)
イゴール・スモルニコフ(ゼニト)
MF
ロマン・ノイシュテッター(シャルケ/ドイツ)
アレクサンドル・ゴロビン(CSKAモスクワ)
オレグ・シャトフ(ゼニト)
フョードル・スモロフ(クラスノダル)
アレクサンドル・ココリン(ゼニト)
FW
アルデム・ジュバ(ゼニト)

交代出場
77分 ロマン・シロコフ(CSKAモスクワ)
(OUT アレクサンドル・ゴロビン)
80分 デニス・グルシャコフ(スパルタク・モスクワ)
(OUT ロマン・ノイシュテッター)
85分 パベル・ママエフ(クラスノダル)
(OUT フョードル・スモロフ)


※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点]
イングランド:ダイアー(73)

ロシア:グルシャコフ(90+)

-------------------------------------------------------

theWORLD(ザ・ワールド)は、
コパ・アメリカおよびEURO2016の全83試合を速報します!
大会中(6月23日)に、無料電子マガジンも刊行予定。
http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/12(日) 6:05

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革