ここから本文です

「ごみの山から白骨が出てきた」 千葉市緑区

千葉日報オンライン 6月12日(日)22時8分配信

 千葉市緑区おゆみ野南6の造成地で10日午前8時35分ごろ、造成作業中の男性から「ごみの山の中から白骨が出てきた」と110番通報があった。同署員が駆け付けたところ、年齢、性別不明の白骨死体を見つけた。死後かなりの時間が経過していると見られ、死体は完全に白骨化していた。同署で身元の確認を急ぐとともに、事件・事故両面で調べている。

 同署によると、現場は当初雑木林で、草を刈り造成中だった。死体の周囲には黒い長袖シャツ、白い下着のようなもの、白い毛布に布団などがあったという。

 現場は京成ちはら台駅から約1・5キロ。

最終更新:6月12日(日)22時24分

千葉日報オンライン