ここから本文です

鹿島カイオ選手に差別的投稿 浦和、遺憾と調査へ

埼玉新聞 6月12日(日)11時8分配信

 11日にさいたま市緑区の埼玉スタジアムで行われたJリーグ浦和―鹿島の試合後、鹿島MFカイオ選手に対し、短文投稿サイト「ツイッター」で「黒人死ねよ」と人種差別的な書き込みがあったことが分かった。

 浦和は同日、投稿を確認し、公式ホームページ上で「このような行為については断じて許せるものではなく、誠に遺憾」と声明を発表。今後も投稿者などを調査していくとした。事実が判明すればJリーグに報告する。

 Jリーグは「スタジアム外で発生した事象であり、クラブへの処分はない」との見解を示した。当該の書き込みはすでに削除され、同じアカウントに続けて謝罪のコメントが投稿されている。

 昨年11月、浦和―G大阪の試合後にもG大阪のFWパトリック選手に対する人種差別的な書き込みが行われ、県内の男性が謝罪した件があった。

最終更新:6月12日(日)11時8分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。