ここから本文です

関西大会、決勝は瀧本怜央と柴野晃輔<男子テニス>

tennis365.net 6月12日(日)13時45分配信

チャレンジカップ

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する~Road To Spain チャレンジカップ~関西大会は12日、大阪体育大学にて準々決勝、準決勝が行われ、瀧本怜央(立命館大学)と柴野晃輔(関西大学)がそれぞれ決勝進出を決めた。両者は決勝でスペイン行き残る1枠をかけて激突する。

関東大会 村上が大会初2連覇

今年で3回目を迎えるこの大会は高校生・大学生の年代を対象に、国際大会出場のチャンスと海外経験のチャンスを提供することを目的として、関東大会と関西大会をそれぞれ開催。

各大会の優勝者には、スペインのサバデルで開催される男子ツアーのITFフューチャーズ大会・サバデルオープンの本戦ワイルドカード、および往復渡航の権利が付与される。

瀧本は島田達也(関西大学)と対戦。両者激しいラリー戦を繰り広げるも、島田が終盤でミスを連発。瀧本が最初に決勝進出を決めた。

一方、柴野は昨年覇者・前川隼(神戸学院大学)の角度あるショットを拾う粘りのテニスで、前川の連覇を阻止して決勝進出を果たした。

関東大会は6月4日・5日に行われ、昨年の関東覇者・村上彰啓(法政大学)が大会初の2連覇を達成すると同時にスペイン行きを決めている。

tennis365.net

最終更新:6月12日(日)13時45分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]