ここから本文です

2部昇格から1年での1部昇格ならず 鈴木大輔所属のナスティック、プレイオフ第2戦もオサスナに敗れる

theWORLD(ザ・ワールド) 6月12日(日)16時30分配信

2戦合計3-6と失点が響く

元柏レイソルDF鈴木大輔が所属するヒムナスティック・タラゴナは、昇格プレイオフ準決勝でオサスナと対戦した。リーガ・アデランテ3位だったヒムナスティックは8日、6位オサスナのホームに乗り込んで行われた第1戦を1-3で落としていた。

11日、逆転勝利が必要な状況で迎えた第2戦だったが、2-3で敗戦。2試合合計スコアが3-6で敗退が決定した。セグンダ・ディビシオンB(3部)から昇格し、1シーズンでの1部昇格とはならなかった。ナスティックはFWホセ・ナランホのゴールで幸先良く先制ゴールを奪うも、その後3失点もしてしまった。DF鈴木大輔はこの試合でもフル出場を果たしている。

昇格プレイオフ決勝に進出したのはオサスナに決まり、もう一方の準決勝第2戦は12日行われる予定となっている。こちらは第1戦でコルドバがジローナに2-1で勝利していたが、第2戦ではジローナがホームで戦う。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月12日(日)16時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。