ここから本文です

なぜケインにコーナーキックを蹴らせるのか 188cmのFWに担当させる判断に疑問の声

theWORLD(ザ・ワールド) 6月12日(日)17時32分配信

ケインほどの体格なら中で合わせる側に回るべきか

11日にEURO2016グループB初戦でロシア代表と対戦したイングランド代表は、終盤にまさかの同点弾を許して1-1のドローで大会をスタートさせることとなった。大事な初戦で逃げ切りに失敗したことや、迫力を欠いた攻撃などサポーターが不満に思う部分は多いだろう。

そんな不満材料の1つが、イングランドのコーナーキックだ。この試合ではなぜかFWハリー・ケインがコーナーキックを担当しており、前半だけで6本ものコーナーキックを蹴っている。英『Daily Mail』もケインがコーナーキックを蹴っていることに疑問を持ったようで、なぜケインがキッカーなのかと不思議そうに伝えている。

ケインはセットプレイも担当できる高精度のキックを持っているが、この試合でのコーナーキックはほとんど効果がなかった。同メディアも惜しかったのはクリス・スモーリングがヘディングで合わせた場面だけだったと厳しい評価を下しており、デイビッド・ベッカムのような路線を目指すべきではないとケインがコーナーキックを担当することに納得していない。

何よりケインはストライカーであり、188cmとサイズもある。だからこそコーナーキックを担当することは非常にもったいない判断で、代表監督のロイ・ホジソンに批判が集まっている。

キック精度なら中盤から何度もサイドへロングボールを送っていたウェイン・ルーニーも担当できたはずだが、なぜケインだったのか。今季トッテナムでは7本しかコーナーキックを蹴っていない男に任せたホジソンの手腕にさっそく疑問の声が上がっている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月12日(日)17時32分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]