ここから本文です

【MLB】イチロー、地元紙に語る 日米通算で最多安打更新は「大きなことではない」

Full-Count 6月12日(日)19時57分配信

歴代最多のローズまでいよいよ4本、日米通算記録について地元紙が特集

 マーリンズのイチロー外野手が、“歴代最多安打”に着々と近づいている。11日(日本時間12日)の敵地ダイヤモンドバックス戦では代打で一塁強襲内野安打をマーク。メジャー通算2974安打として3000安打に26本とし、日米通算では4252安打でピート・ローズの歴代最多安打4256本までは、いよいよ残り4本となった。日米合算のため、現地では参考記録という声も多い中、背番号51は「個人的には大きなことではない」とクールに“イチロー節”を貫いている。地元紙「サン・センチネル」が「ローズの通算安打数への追求はマーリンズのイチローにとっては大問題ではないが、日本ではビッグニュース」と特集している。

イチロー、世界一の安打製造機へ MLB歴代通算安打数ランキング

 記事では、「イチロー・スズキがピート・ローズを凌駕しようとしているが、アメリカのベースボール界は彼の通算最多安打をどう扱うか不透明だ」と、日米通算記録について報じている。

 イチローは2001年に27歳でオリックスからマリナーズに移籍するまで、NPBで1278本の安打を積み上げてきた。日米合算の数字を参考記録とする声はアメリカで少なくないが、日本では注目の的となっている。ただ、ミネソタ、アリゾナと遠征5試合で17打数8安打と好調ぶりを維持するイチローは、周囲の喧騒にもどこ吹く風。いつものクールな姿勢を崩していない。

「もしも、人々が重要と思うなら、素晴らしいことです。そう思わなくても、問題ありません。小さなことだとは思いませんが、大きなことでもないと思います。それが自分の見方ですね。本当ですよ」

 “ローズ超え”の重要性について聞かれた安打製造機は、同紙にこう語ったという。さらに、「自分にとっても大きなことではありません。自分はそのためにプレーしているわけでもありません。個人的には特に関心はありません」ともコメントしている。

マッティングリー監督は評価、日米通算記録は「間違いなく正当だ」

 記事では「彼は土曜日にメジャー3000安打の方がローズ超えよりも意味深いと示唆した」と伝えている。実際に、イチローは「そちらの方が少し重要と感じることの方が自然かもしれませんね」と語ったという。

 ローズは以前から、イチローが日米合算で記録を超えるのならば、自身の記録にマイナー時代の427安打も加えるように主張している。ただ、イチローも日本の2軍でヒットを打っており、比較するならこれを加えるべきだという声もある。一方で、ヤンキースでMVPに輝くなど、現役時代に名打者として名を馳せたドン・マッティングリー監督は、日米通算安打を公式とする意見に賛成していると、記事では伝えている。

「比較は難しいね。でも、どう切り取ろうとしても、すごいヒットの数だよ。私は(日米合算安打を)正当な数字だと思う。我々は日本からやってきた数多くの選手を迎え入れてきた。そして、彼らはすごく成功している。現時点で野球はとてもグローバル化を進んでいる。偉大な選手は世界中にいる。だから、私はそれ(通算安打数)を絶対に過小評価したくないんだ」

 マーリンズでも、エース右腕ホセ・フェルナンデスはキューバ出身、今季絶好調のマルセロ・オズナ外野手はドミニカ共和国出身。そして、今季加入した元中日のチェン・ウェイン投手は台湾出身だ。

 指揮官は記事の中で、「彼がここで3000安打に到達しようとしている事実がある。日本のヒットも質の高いピッチャー相手のものだ。基本的にメジャーでプレーできるレベルの選手たちだ。だから、(日米通算安打は)間違いなく正当だ」とも語っている。

 アメリカで注目と議論を呼びながら、イチローはローズの世界記録まであと少しのところまで近づいている。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月12日(日)21時38分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]