ここから本文です

痛恨ドロー発進のイングランド 先制点のダイアーは「パフォーマンスのレベルは非常に高かった」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月12日(日)21時20分配信

詰めの甘さが垣間見えた

EURO2016の引き分けスタートにもイングランド代表MFエリック・ダイアーは前向きに考えているようだ

ダイアーの見事なフリーキックで先制しながらも、後半アディショナルタイムにまさかの同点弾を許し、ドロー発進となったイングランド。それだけに失望は大きいと考えられるが、ダイアーは試合のパフォーマンスを高く評価している。イギリス『ITV』にコメントを残した。

「試合にはポジティブな面も多くあった。パフォーマンスのレベルは非常に高かったし、すべては正しかった。試合をコントロールできていたんだ。最後の最後まではね。負けなかったことは大きいし、また前に進みたい。次のビッグマッチが楽しみだよ」

チャンスを多く作り出しながらも、最後に甘さを見せたイングランド。今大会も大きな結果を残せず、終了することになってしまうのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月12日(日)21時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。