ここから本文です

SB城所2連発、DeNA山口2戦連続完封、日ハム大谷163キロ連発…12日のプロ野球

Full-Count 6月12日(日)22時37分配信

SBは巨人3タテ、西武5割復帰、楽天藤田は初サヨナラ打、ロッテはデスパイネ4打点

 プロ野球は12日、各地でセ・パ交流戦6試合が行われた。ソフトバンクは巨人を3タテ。初回に城所の2ランで先制すると、3回には再び城所がアーチ。プロ13年目で初の2打席連続弾を放ち、流れを一気に引き寄せた。5回には柳田の適時打、6回には松田の2ランが飛び出してダメ押し。先発武田は5点リードの8回に崩れて5失点も、7勝目を挙げた。巨人は4連敗となった。

セ・リーグ&パ・リーグ2016年 NPB順位表

 DeNAはオリックスに3連勝。先発の山口が9回5安打無失点の快投で2試合連続完封勝利。打線は3回に相手の失策で1点を先制すると、5回には筒香、エリアンのタイムリーで2点を追加。8回には宮崎が2試合連続の本塁打を放ち、ダメを押した。オリックスはいいところがなく、4連敗となった。

 西武は中日に競り勝ち、4カード連続の勝ち越しで勝率5割に復帰した。初回にメヒアの21号ソロで先制。先発・野上が2回に同点に追いつかれ、6回には逆転を許すも、7回に相手エラーで追いつくと、浅村が決勝タイムリーを放った。1回無失点の2番手・武隈が3勝目。中日は吉見が6回1失点と好投も、救援陣が踏ん張れなかった。

 楽天は広島にサヨナラ勝ち。先発・戸村が2回までに3点を失うも、6回に茂木の犠飛、岡島、内田の連続タイムリーで同点に追いつき、試合を振り出しに戻す。延長11回には、途中出場の藤田が自身初のサヨナラ打を放ち、試合を決めた。これで3カード連続の勝ち越し。広島は痛い逆転負けとなった。

 日本ハムは「5番・投手」で先発した大谷が圧巻のピッチング。日本最速の163キロを5球計測し、全107球で160キロ超は31球も記録。7回8奪三振2四球3安打無失点の快投で5勝目を挙げ、白星先行となった。打線も陽岱鋼、西川、レアードが本塁打を放ち、力強く援護した。阪神はいいところなく敗れた。

 ロッテはヤクルトに快勝してカード勝ち越し。不振の清田が3安打2打点と活躍。デスパイネも初回に先制打、7回にはダメ押しの3ランと4打点を挙げた。先発の唐川は5回4安打1失点で2勝目。救援陣は4投手が無失点でつないだ。ヤクルトはルーキー原樹が6回4失点と乱れ、7敗目を喫した。

【交流戦】
◇ソフトバンク 7-5 巨人(ヤフオクドーム)
勝 武田(7勝1敗)
敗 高木(4勝6敗)
S サファテ(0勝3敗22セーブ)
HR【ソ】城所3、4号、松田14号【巨】長野4号、坂本13号

◇オリックス 0-4 DeNA(京セラドーム)
勝 山口(5勝2敗)
敗 ディクソン(5勝5敗)
HR【D】宮崎5号

◇西武 3-2 中日(西武プリンス)
勝 武隈(3勝1敗)
敗 山井(0勝7敗)
S 増田(3勝2敗11セーブ)
HR【西】メヒア21号

◇楽天 4x-3 広島(Koboスタ宮城)
勝 福山(1勝4敗)
敗 中崎(0勝3敗13セーブ)
HR【広】田中6号

◇日本ハム 6-0 阪神(札幌ドーム)
勝 大谷(5勝4敗)
敗 岩崎(1勝1敗)
HR【日】陽6号、西川5号、レアード20号

◇ロッテ 7-1 ヤクルト(QVCマリン)
勝 唐川(2勝2敗)
敗 原樹(2勝7敗)
HR【ロ】デスパイネ11号

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月13日(月)0時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]