ここから本文です

闘将ロイ・キーンがマンUに求めるのは“カントナのような”あの選手「2人は共通した要素がある」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/12(日) 23:20配信

イブラ獲得を望む

ズラタン・イブラヒモビッチの到着を心待ちにしているのはサポーターだけに限らない。かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレイした元アイルランド代表MFロイ・キーンもまた、怪物のユナイテッド入りを願っているようだ。

2012年より所属するパリ・サンジェルマンに別れを告げたものの、いまだ来季以降の所属先を具体的に言及していないイブラヒモビッチ。フランス王者との契約を満了したことにより、移籍金のかからない“フリートランスファー”での獲得が可能なズラタンを、かつての闘将も強く求めている。英『Telegraph』がキーンのコメントを伝えた。

「イブラ? もちろんユナイテッドのスタイルににうまく合致するだろうね。素晴らしい選手だよ。エリック・カントナは、どんなに批判を浴びようとも動じない男で、人気のある選手だった。私はズラタンにもカントナのような要素があるという印象を持っているよ。彼が強烈なキャラクターを持っているいうことはプレイスタイルを見れば分かる。良いことさ。今のユナイテッドにはそういう個性が不足している。もちろんそれだけでなく、彼は本当に素晴らしい選手だ」

2人がもしも同じチームでプレイしていたとしたらどちらが主導権を握るのだろうか。怒り狂うキーンか、それとも“カントナのような”ズラタンか。いずれにせよ、多くの人間がスウェーデン代表ストライカーの去就に関する発表を待ちわびていることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/12(日) 23:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革