ここから本文です

新感覚の歌舞伎をスクリーンで体感

Lmaga.jp 6/12(日) 9:00配信

市川染五郎、中村勘九郎、中村七之助など、歌舞伎の次代を担うスター役者が出演し、2015年に上演された舞台『歌舞伎NEXT 阿弖流為(アテルイ)』が、シネマ歌舞伎として全国の映画館で6月25日より公開される。

北の民・蝦夷を率いる阿弖流為を市川染五郎、朝廷からの使者・坂上田村麻呂を中村勘九郎、阿弖流為と運命の再開を果たす恋人・立烏帽子を中村七之助が演じ、大和朝廷の不条理な国家統一への荒波を、ダイナミックに魅せる。激しくも美しい殺陣や妖術使いの力が発揮されるシーンなどは、映像ならでは。もっとも説得力のある角度から撮られ、映像効果が加えられたことで、間違いなく迫力が増して感じるはずだ。

HD高性能カメラで撮影した歌舞伎の舞台公演を大きなスクリーンで上映するという、映画とは違った新しい映像作品のシネマ歌舞伎は、スーパー歌舞伎という新ジャンルを築き上げた『ヤマトタケル』や、野田秀樹の作・演出で中村勘三郎ら豪華俳優が競演した『野田版 鼠小僧』など、これまで20作以上を公開している。

本公演は、古田新太が所属する劇団☆新感線の人気舞台「いのうえ歌舞伎」と何度もタッグを組んできた市川染五郎が、同劇団の傑作『アテルイ』を歌舞伎役者で演じ再演。大阪公演は2015年10月に上演された。

最終更新:6/12(日) 9:00

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]