ここから本文です

予選Q1速報:雨を警戒しつつ、ロズベルグがトップで通過

オートスポーツweb 6月12日(日)2時28分配信

 F1カナダGP予選は、現地時間13時からスタート。気温15度、路面20度の肌寒い天候で、開始直後から雨がぽつぽつと降りはじめていた。

 しかし、アタックはドライ路面で行われ、メルセデスのニコ・ロズベルグがトップで通過した。終盤マノーのリオ・ハリアントが4コーナーで壁に接触して右リヤタイヤがパンク。コース脇にストップしたため、他のドライバーはピットへと戻り、最後にタイムを更新するチャンスはなくなってしまった。

 ほとんどのドライバーがウルトラソフトでアタックするなか、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグはスーパーソフトでベストタイムを出し、8位で通過している。

 なお予選前のフリー走行でクラッシュしたルノーのケビン・マグヌッセンは、出走していない。



<予選Q1暫定結果>

1位 ニコ・ロズベルグ
2位 セバスチャン・ベッテル
3位 ダニエル・リカルド
4位 ルイス・ハミルトン
5位 バルテリ・ボッタス
6位 キミ・ライコネン
7位 マックス・フェルスタッペン
8位 ニコ・ヒュルケンベルグ
9位 カルロス・サインツJr.
10位 ジェンソン・バトン
11位 セルジオ・ペレス
12位 フェリペ・マッサ
13位 ダニール・クビアト
14位 フェルナンド・アロンソ
15位 エステバン・グティエレス
16位 ロマン・グロージャン

<脱落>

17位 ジョリオン・パーマー
18位 パスカル・ウェーレイン
19位 マーカス・エリクソン
20位 フェリペ・ナッセ
21位 リオ・ハリアント
   ケビン・マグヌッセン

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月12日(日)2時28分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。