ここから本文です

「アタックのタイミングで雨が降ってきた」:ザウバー カナダ土曜

オートスポーツweb 6月12日(日)15時19分配信

 2016年F1カナダGPの土曜予選で、ザウバーのマーカス・エリクソンは19位、フェリペ・ナッセは20位だった。

フェリペ・ナッセ(ザウバー)

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 予選=19位
 厳しい予選だった。最初のランはよかったけど、2回目の走行では、他のチームより少し遅れて出て行った。そしたらそのラップの終盤に雨が降り始め、路面はどんどん滑りやすくなっていったんだ。

 楽な予選ではなかったよ。明日に関しては、不安定な天候がレースに混乱をもたらすと思う。僕らは後方からのスタートになるが、チャンスが出てくるかもしれない。

フェリペ・ナッセ 予選=20位
 難しい予選だった。午前中のFP3よりもずっとグリップに悩まされた。予選ではすべてをまとめることができなかった。

 他のライバルたちよりも、出て行くのが少し遅かった。小雨が降ってきたため、最終的には新品タイヤで走った2回目のランではタイムを向上させられなかった。

 レースでは天候が大きな役割を果たすことになるだろう。明日に向けて前向きな姿勢を保ち、どんなチャンスがめぐってくるかを注視していなくてはならない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月12日(日)15時20分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。