ここから本文です

第2の満島ひかり? 真野恵里菜、朝ドラで “元アイドル” から完全脱皮か

クランクイン! 6月12日(日)6時20分配信

 現在放送中の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で、高畑充希扮する主人公・常子が就職した鳥巣商事の浄書室リーダーとして存在感を放っているのが、アイドル出身女優の真野恵里菜だ。真野演じる早乙女朱美は、背筋を伸ばし鋭い眼光、時には常子に厳しく接し、怖い一面も見せるが、男子職員に軽んじられないようにと懸命に前を向く女性。そんな早乙女のように、誰よりも自分に厳しく、女優の道をひた走ってきた真野に注目したい。

【関連】「真野恵里菜」フォトギャラリー


 真野といえば「モーニング娘。」に代表されるハロー!プロジェクトのメンバーで、アイドル歌手としてデビューし活動していたが、AKB48はじめ“アイドル戦国時代”突入でソロアイドルとして不遇の時代も過ごす。そんな中、ハロプロ時代から堤幸彦監督が主宰する演劇ユニット「キバコの会」公演、同じく堤監督作『SPEC』への出演など、並行して演技経験を積んでいった真野。2013年2月に同プロジェクトを卒業後、女優活動を本格的に開始した。

 そんな真野にとってターニングポイントとなる大きな出会いが待っていた。一つは押井守監督が手掛けた『機動警察パトレイバー』実写版プロジェクト『THE NEXT GENERATION パトレイバー』だ。この作品で真野は主人公・泉野明役に抜擢された。約半年という長期間にわたって作品に携わるようになり、現場でのチームワークや技術スタッフとのコミュニケーション、作品作りの一体感を味わったという。

 知名度の高いマンガやアニメ作品の実写化には賛否が付きまとう。当然『パトレイバー』実写化も大きな反響を呼んだ。真野自身も当時の自身の知名度から「この人誰?って思う人が多いと思うし、最初は不安でした」と本人へのインタビューで心情を吐露していたが、「頑張って作品に負けないような存在にならないといけないってモチベーションが上がった」と勝ち気な一面もみせた。

 劇中の真野の等身大の演技に対し、当時ネットでは「主役は真野恵里菜で良かった」「目の演技に魅せられた」と好評の声もあがり女優としての知名度も上がった。それでも「『まだアイドルだもんね』って言われることもありますし、みんなが思い描いている真野恵里菜を壊したいです」と意識の高さを語っていた。


 もう一つの大きな出会いは、ドラマ『みんな!エスパーだよ!』で演出を務めた園子温監督だろう。真野は本作で、清楚な美少女だが、実は腹黒いというヒロイン浅見紗英を演じている。その後、園監督は『新宿スワン』、『ラブ&ピース』、『リアル鬼ごっこ』『みんな!エスパーだよ』と映画4作連続で真野を起用。その期待に応えるべく「毎回、これまでとは違う新しい一面、成長した姿を見せないといけないという危機感があります」と表現力の幅を磨いた。さまざまな役柄を演じることにより「元アイドル」という枕詞はだんだんと薄れていったのだ。

 そして『とと姉ちゃん』では前述のとおり、男性優位が当たり前のように横行している会社で、ポリシーを貫き立ち向かう女性を演じ、強い存在感を示している。そんな真野が目標にしている女優が満島ひかりだ。満島もアイドルユニットから女優業に転身。園監督の『愛のむきだし』で強烈な個性を発揮すると、朝ドラ『おひさま』では主演の井上真央演じる陽子のクラスメイトとして注目を集めた。元アイドル、園作品への起用、朝ドラ出演と、真野との共通点は多い。『とと姉ちゃん』の好演で、満島のように演技派女優への道を突き進むことができるのか。今後の動向が大いに注目される。(文・磯部正和)

最終更新:6月12日(日)6時20分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。