ここから本文です

官能映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』ダコタ・ジョンソン、恋人と破局

クランクイン! 6/12(日) 7:00配信

 ベストセラー官能恋愛小説の映画化『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』で主人公アナスタシア・スティールを務めたダコタ・ジョンソンが、恋人のマシュー・ヒットと破局したようだ。過去にも破局復縁を経験している2人だがお互いの仕事のスケジュールの関係で恋愛関係を継続していくのが難しくなってしまったという。

【関連】『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』フォトギャラリー


 ある関係者は米ゴシップサイトJustJaredに「ダコタとマシューは2年間、破局復縁を繰り返しながら付き合っていました。お互いの仕事のスケジュールが忙しすぎて最近は会う機会がほとんどなかったようです。ダコタは現在『フィフティ・シェイズ』3部作のためにバンクーバーにいますからね」と語る。

 以前、あるインタビューの中で官能的なシーンも多い『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を自身の恋人が気にいっているかどうかを尋ねられた際に、ダコタは「私の架空の恋人は素晴らしいと思ってくれているわ。彼はいつも応援してくれるからね」と応えるも、「とはいえ、恋愛する時間があまりとれないの。私はせわしい偽善者だから家に帰ると誰もいなくなっているのよ」と話していた。

 さらにダコタは男性に対して好意を持つ部分よりも嫌いな部分ばかり目につくようで、「口を開けてごはんを食べる人、失礼なことをする人、中折れ帽をかぶっている人はセクシーじゃないと思うわ。中折れ帽は大嫌いよ」「やだやだ、私ったら男性に対して好きな部分より嫌いな部分ばかり見つけてるわね。そういう時期なのよ」と明かしていた。

最終更新:6/12(日) 7:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]