ここから本文です

晴天の下、コースを試走 7月の富山湾岸サイクリングへ

北日本新聞 6月12日(日)17時52分配信

 7月に開かれる「富山湾岸サイクリング2016」に向けた試走会が12日行われ、晴天の下、県サイクリング協会のメンバーら15人が氷見市の比美乃江公園を発着点とする本番と同じコースを走った。

 イベントは昨年初めて行われ、今年は7月24日に開催。中級者向けの2コースを加え、全4コースとなっている。

 この日は海王丸パークで折り返す「サイクリングコース」(約40キロ)を思い思いのペースで自転車で走り、コースや休憩場所を確認した。

 本番では2人乗りの「タンデム自転車」を使って視覚障害者の参加も想定しており、会長の村上和久富山市議が実際に試験走行した。

 イベントは県と実行委、県サイクリング協会、NPO法人富山サイクル交流倶楽部、沿線9市町が主催。チューリップテレビ、北日本新聞社共催。

北日本新聞社

最終更新:6月12日(日)17時52分

北日本新聞